ぬこ面5式制作レポート2010 Ver.1.0【材料&面加工】

どうも、つなです。
今回はマキリさんがまとめてくれた面製作レポートです。
長いので3回ぐらいに分けて紹介しますので
面製作の際の参考にしてください
【面制作レポート・材料】
材料01
・カツラ 3個(MAPLEのカツラを使用)
・スチのり
・アセトン
・刷毛
・カツラ用オイルスプレー(MAPLEのウイッグ専用オイルミストを使用)
・ソフビカラースプレー
・くし(目の細かいものと粗いものが必要)
・はさみ
・スキばさみ
・剃刀
・セロテープ
・サランラップ
・プラ版(厚さ0.5mm)
・厚手の布
・グルーガン(ホットボンド)
・厚手のビニール(光沢の無いもの)
・カッティングシート
・シール紙(超耐水光沢フィルムラベル屋内用・ホワイト)
・つや消しクリアスプレー
道具はハンズや通販等でお探しください。


【面制作レポート・面加工】
目シール
キャラクターの目のパーツを作成して
シール紙(超耐水光沢フィルムラベル屋内用・ホワイト)に印刷します。
各型式ごとにBlogに目のサンプルがありますので、
そのデータを使ったり参考にして目を作成してください。
目のシールを、プラ版に貼り付け、
適当な大きさ(枠線より少し大きめ)にプラ版を切り取ります。
目のあてがい
面の裏から目パーツをあてます。
ちょうどいいところに調整して、表からシャーペンや鉛筆で枠をなぞります。
目製作
なぞった大きさより、2~3mm大き目にプラ版を切り取ります。
目製作
布を1~2cm程度の幅に切り、グルーガンで目パーツの裏に貼り付けます。
目製作
先ほどマークした鉛筆のラインに合わせて裏からホットボンドで目パーツを貼り付けます。
目製作
キャラクターのまつ毛部分(目の輪郭に相当します)を、厚手のビニールを切り取って作成します。
切り取る際に先ほど印刷したまつ毛パーツを貼ってなぞって切切ると楽です。
このまつ毛部分を瞬間接着剤で面に張り付けます。
キャラクターの眉毛をカッティングシートを切り取って作成します。
目製作
付け外し可能状態で特に固定していません。
それは眉毛の調整が難しく、結髪後にも調整することがあり、
さらに別の表情を変えられるためです。
以上で顔の製作は完了です。
さて次はカツラの分割方法についてです。
【結髪編・襟足】】